MRワゴン 中古車

MRワゴンの中古車

中古車でも人気のMRワゴンは、女の子らしいフォルム♪

MRワゴンは初期型のMRワゴンを溺愛しています。
初期のMRワゴンは卵型のフォルムが女の子らしくて可愛く、とても愛着があります。

 

小さくて小回りが利くので狭い曲り道や、立体駐車場の運転もとてもしやすいです。

 

見かけは小さいですが、中は天井が高く後ろのシートを倒せば収納もバッチリです。ママチャリサイズの自転車も積むことができます。助手席の椅子を引っ張ると下にも隠し収納BOXがあるので、ちょっと貴重品を置いて外に出たい時など、大事なものを簡単にしまうことができて便利です。

 

内装の布地が柔らかく、ソファに座るような感覚で座り心地がすごく良いです。
長距離運転の時など、運転席を倒してよく昼寝をしています。

 

車高が低めですが、東北の雪国でも一度も雪につっかえることもなく、バンパーに傷がつくこともありません。

 

ただ、急な坂道を登る時は、エンジンに負荷がかかっているようで、ウィーンという音がします。これはMRワゴンに限らず、昔の軽自動車にはよくあることで、山道はあまり向いていないようです。山道をよく行くような方にはターボ付きをお勧めします。

 

何キロ走ってもまだまだ現役でいけるような車です。
もう何年も乗っていますが、これまでに大きな故障は一度もありません。

 

車は手をかければかけるほど愛着が湧くといいますが、そこまで手をかけることなく、何年も乗り続けることができるのは光栄なことです。付き合いが長ければ長いほど手放せないものです。

 

中古車といえど、ほとんど傷もなく、内装がきれいで、前に乗っていた人が大事にしてくれていたんだなぁというのが伝わってきます。

 

古い洗車機で車を洗うと、光の加減では、車体に細かい傷がたくさんついてることがあります。
中古のMRワゴンはそういったこともありませんでした。

 

現在、MRワゴンは二回モデルチェンジをし、三代目まで出ていますが、初期の形とはもうだいぶ違っています。燃費や内装面ではもちろん向上していますが、あの卵型の丸いフォルムではなくなってしまったのが少し寂しいです。

 

 

MRワゴンの値引きの為に最低限やっておくこと

ホーム RSS購読 サイトマップ