MRワゴン 値引き

MRワゴンの値引きの為に最低限やっておくこと。

MRワゴンの値引きには、少しでも多くのサービスを貰って購入!

MRワゴン購入ってとてもワクワクしませんか?
自分の好みのオプションで、ボディの色や内装、設備にしたお気に入りの一台。
しかし、せっかく購入するならお得に購入したいですよね。
そこで必要なのが営業マンとの駆け引き。
購入を渋りながら、いかに値引きをしてもらうかが
お得に購入する鍵となります。

 

私も今乗っている車は、新車で購入しました。
初めての大きなお買い物。
コツコツ頑張って貯めた貯金をはたくわけですから、
妥協せずに交渉したお陰で、お気に入りの一台を手に入れる事ができました。

 

試乗したり、説明を聞くのには特にコツはありませんが、
色々なオプションを付けて、見積りを貰って、さあ買うか買わないか、
ここからが勝負です。

 

今回は3つのポイントにまとめてご紹介します。

 

1.家族を連れて行く
たとえ自分で支払うとしても、大きな買い物には家族の意見が反映されるものです。
家族を連れて行き、私が買いたくても家族がオッケーしないと買えないんです!という
アピールをしましょう。
娘が買うなら父を連れて行く。旦那が買うなら奥さんを連れて行く。
お父さんが買うなら息子を連れて行く、といった様に、必ず家族を同席させましょう。
家族がいれば、逆に営業マンもその家族を説得して、今日購入してもらえるように頑張るはずです。つまり、ここで最大限の値引きを引き出てくれます。
営業マンも慣れていると思うので、予算を抑えるコツを教えてくれながら、
最大限の値引きを行ってくれるはずです。

 

2.情に訴える
なかなか古典的な方法ではありますが、対人ですから、これも大事です。
MRワゴン購入にかける想いを伝えましょう。
初めて購入する車、憧れの車、家族と楽しく乗る車など、必ず車に対する想いって持っていますよね?あなたの大切な気持ちを営業マンに伝えましょう。
私の場合、社会人になって貯めた貯金で、親に頼る事なく全額自分で払うという話をしました。そしたら営業マンが感動され、精一杯頑張ってくれました。

 

3.オプションのグレードアップ
最大限まで値引きを行い、これ以上無理です!と言われたら、
もう少しサービスしてもらえるポイントはオプションのグレードアップ。
例えば、現状でついているマットをもう少しグレードの高い物に変えてもらったり。
ナンバープレートの枠を追加で付けてもらったりしてください。
だいたい数千円単位のオプションを狙ってください。
小さい物を一つずつねだると、案外つけてくれます。

 

 

ここまでして限界がくると営業マンもギブアップされます。
もしかすると、オプションをつける代わりに、交換条件を突きつけてくるかもしれません。
それがギブアップのサインです。そのサインが出たら、交渉終了しましょう。
そして最終の見積りを見てみてください。なかなか納得のいく内容になっているはずです。
しっかり確認したら、お返事をしてあげてください。
頑張った分だけ、大満足のお得なMRワゴンを手に入れることができるはずです。

MRワゴンは、とてもいい車だと分かる

スズキは何よりも女性受けがいい車を作っていくということが特徴みたいなのですが、とてもかわいらしいデザインも多いのです。
そして中古の購入の時はブレーキパッドなどの消耗品は点検しておいたほうがいいのですが、現車確認もしておきましょう。
外装の傷などや内装の汚れ具合などもしっかり確認もしてみてください。
そして整備記録簿は中身もしっかりと確認しておきましょう。
そして、スズキ MRワゴンは後部座席は左右独立であり、リクライニングをしますから、後部座席もとてもゆったり過ごしやすいのです。

 

 

ですが走りの方ではNAエンジンでは力不足であり、想像以上に走らないような方も多いのです。
そして、ターボエンジンであれば力がありそうでそれなりに走るらしいです。
そしてフロントピラーが太くて、視界に入って邪魔になってきます。

 

とてもみずらくて、事故につながってきやすいですから、注意しましょう。
そしてスズキの車ですから、部品交換に困ってくるようなこともないのです。
またスズキはほかの車にも共通の部品を利用して、一つの部品を長く使っているからです。
また、スズキ MRワゴンは日産のOEM社でモコとして販売されているのですが、このようが販売台数は多くて、スズキではなくてもいいのならばモコもいいでしょう。
中身はスズキMRワゴンそのものですが、ロゴと多少バンパーが異なっています。

 

そして、スズキ MRワゴンは2011年に3代目となって、その時に大幅な変更がありました。
本来はスズキMRワゴンは主に主婦層をターゲットにしていたものなのですが、3代目から若年層をターゲットにしてみるといったことで先代よりさらに低燃費で広い車内空間を実現しているのです。
また最近ガソリン価格が高くなっているといったことがあって、低燃費は車選びの重要な要素となり、この変更はとても大きい魅力になっています。

 

そしてこの変更で車内空間が広くなっているといったこともうれしいことなのですが、軽自動車といったことはどうしても車内空間が狭いイメージがあるのです。
ですがスズキのMRワゴンであれば、軽自動車であり、快適な車内空間を実現しており、快適なドライブをッ楽しめるようになっています。
この点ではターゲットを若年層に変更をしたものの変わらずファミリー層にとても人気になっている部分でしょう。

 

そしてもっとも大きく変わっていることはそのデザインなのですが、若年層へのアピールを含めとても個性的デザインになっていて、とてもかっこよくて、さらにかわいく見えてくるような在院になっているといったことがわかります。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ